独日協会の歴史

ニュルンベルクの産業商工場会議所とDATEV e.G.の会長 Dr.h.c. ハインツ・シービンガーの主導権で1994年12月8日、DATEV、ニュルンベルクのドイツ銀行、バイロイト、ニュルンベルクとブルツブルクーシュワインフルとの産業商工場会議所と、ジーメンズによって創立されました。

元の理念とは北バイエルンと日本の経済的な関係を発展することとその援助でありました。

独日協会の会長は以下に掲載されております。

1994年 - 2000年 Dr. h.c. ハインツ・セービガー, DATEV e.G.,
                       協会の特別会員 (2016年8月25日、死亡)

2000年 - 2006年 グンター・バウアー、ドイツ銀

2006年 - 2009年 Prof. Dr. マティアス・ゲベルス 教授, FAU Erlangen-Nürnberg

2009年より    野崎 則幸, Penac Writing Instruments GmbH.

最初は特に経済においてのイベントで中フランケンの地方の産業商工場会議所との結びが強かったです。文化に関するはそれ次第に、ニュルンベルクの教育センターの協力のおかげで色々なイベントが開催できました。

日本人とドイツ人、日本と経済的な関係がある企業のマネージャだけでなく、日本とドイツの両国に興味ある人々も協会に入会しました。

エアランゲン大学の日本学部の学生にも独日協会が交流のために利用されています。

会議、講演会、コンサート、展示会などの色々なイベントは毎年、その文化の交流を生かせるために、行われています。

2014年、我々は20記念日をラウフで大きく祝いました。 昔の事務はルリコというギャラリーでありました。大西博という画家と美術教授に敬意を表して作られた場所でした。その頃の在ドイツ日本大使中根もお祝いに参加されました。